Home » Archive by category '更新情報/お知らせ'

更新情報/お知らせ

公開勉強会〔環境法の新たな展開を追求する勉強会〕(2016.05.17)

環境法の新たな展開を追求する勉強会
なぜ日本に環境団体訴訟制度が必要なのか~オーフス条約原則とその実践例から学ぶ~

わたしたち環境NGOは、環境法に違反する行為を環境NGOが裁判で訴えることができる「環境団体訴訟制度」を創設するための取り組みを始めます。
その嚆矢として、環境問題における参加原則(情報アクセス、決定への参加、司法アクセス)を条約化した「オーフス条約」の専門家で、同条約の日本における実現をめざすNGOオーフス・ネットの顧問でもある大久保規子教授を講師にお迎えし、司法アクセスの充実で日本の環境政策のみならず、「民主主義」が大きく進展し得ること等を中心にご解説いただきます。

日 時  2016年5月17日(火) 午後3時30分~午後5時30分
場 所  衆議院第2議員会館 第2会議室
内 容  基調講演「オーフス条約三原則と日本における環境団体訴訟制度の必要性」(仮)
大久保規子さん(大阪大学大学院法学研究科教授、オーフスネット顧問)
     NGOからのアピール(1)「裁判は究極のコミュニケーション」(仮)
     葉山政治さん (公益財団法人 日本野鳥の会 自然保護室室長)
     弁護士からのアピール「環境団体訴訟に関する東京弁護士会の意見書について」
     小澤英明さん (弁護士 西村あさひ法律事務所)
     NGOからのアピール(2)「環境法の課題と提言」 (仮)
     草刈秀紀さん (公益財団法人 世界自然保護基金ジャパン)
     総合司会 辻村千尋さん (公益財団法人 日本自然保護協会)

大久保規子さんプロフィール
一橋大学大学院法学研究科博士課程修了。研究分野は行政法、環境法。多様な環境保全活動が相乗効果を発揮できるような参加と協働の仕組みの構築を目指し、グリーンアクセスプロジェクト(http://greenaccess.law.osaka-u.ac.jp/)を推進中。

主 催  オーフス条約を日本で実現するNGOネットワーク(オーフス・ネット)・(公財)日本野鳥の会・(公財)世界自然保護基金ジャパン・(公財)日本自然保護協会・イルカ&クジラアクションネットワーク

チラシのダウンロード

公開勉強会「オーフス条約を具体的な制度の中で使ってみよう」(2016.04.20)

=======================================================
オーフス条約を具体的な制度の中で使ってみよう

  4月20日 (水) 午後6:00~8:00
=======================================================

環境分野の市民参画条約であるオーフス条約の3本柱は、市民の①情報へのアクセス権、②意思決定に参加する権利、③司法アクセス権(訴訟の権利)です。
オーフス条約の理念を日本の環境政策に具体的にどのように生かすことができるでしょうか。
ラテンアメリカではオーフス条約の地域版を作ろうという動きがあるそうです。オーフス条約に関する国際的な最新状況について学ぶとともに、日本の今後の環境法改正の予定を踏まえながら、日本でのオーフス条約の活用について参加者の皆さんと議論をする予定です。

特に、オーフス条約の柱の一つである市民の情報へのアクセス権を保障するための重要な制度であるPRTR(Pollutant Release and Transfer Register:環境汚染物質排出移動登録)については、日本はこれまで先進的な取り組みを行ってきました。

今後、さらなる発展のためにどのようにPRTRデータを活用できるかということも議論します。

◆日 時: 4月 20日 (水) 午後6:00~8:00
◆場 所:会場:地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)    
  (東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F)        
◆プログラム:
1. ラテン地域条約の最新情報の共有 
  講師 大阪大学大学院法学研究科教授 大久保 規子氏
2.今後の環境関連法見直し時期の情報提供 
  講師 オーフス・ネット 滝口 直樹氏
3.PRTRについての議論 
  ファシリテーター オーフス・ネット 滝口 直樹氏
◆参 加 費:無料/事前申込 不要
◆主 催:オーフス条約を日本で実現する NGO ネットワーク
  (オーフス・ネット)
◆共 催:グリーンアクセスプロジェクト
    第二東京弁護士会・環境法研究会
◆お問合せ:オーフス・ネット事務局 粟谷
     E-mail jimukyoku[at]aarhusjapan.org
     *メール送信の際に[at]を@に変換してお送りください。
     URL  http://www.aarhusjapan.org/

チラシのダウンロード

『緑の交通政策と市民参加 新たな交通価値の実現に向けて』刊行のお知らせ

hyoshi_tn
人間は移動する
生き物である。

交通政策基本法を単なる理念で終わらせない。
新たな交通価値の気づきを根づきへ。
誰もが移動に困ることのない地域社会を創る参加と協働の姿を描く。

3月に、大久保規子編著『緑の交通政策と市民参加-新たな交通価値の実現に向けて』が大阪大学出版会より刊行されます。本書は、グリーンアクセスプロジェクトI(2011-2014年)の研究成果の一部をもとに,その後の展開を踏まえてとりまとめたもので、法学・交通工学・経済学等、多角的な観点から、自らの実践経験も取り入れつつ検討を加えたものです。
持続可能な「緑の交通政策」とは、人間一人ひとりにとっての交通価値を考慮し、環境、福祉の観点を適切に反映して形成・実施することで、本書はその具体的な姿と実現手法を描き出します。2013年に制定された交通政策基本法により高速化一辺倒の政策は見直され、利用者・住民である市民やNPOの参加のもとで総合的な交通計画を作成し、公共交通の維持を図る動きが進んでいます。いま大切なのは、交通政策基本法を単なる理念で終わらせず、新たな交通価値の気づきを根づきへかえることです。誰もが移動に困ることのない地域社会を創る参加と協働の姿を描きます。

書籍情報

『緑の交通政策と市民参加 新たな交通価値の実現に向けて』
大久保規子 編著/新田保次,土井健司,谷内久美子,藤江 徹,松村暢彦,猪井博登,南 聡一郎 著
A5判 274ページ 上製
定価5200円+税
ISBN978-4-87259-538-3 C3065
大阪大学出版会
奥付の初版発行年月:2016年03月

主要目次

第1部 転換期の交通政策
第1章 交通政策基本法と緑の交通政策 (大久保規子)
第2章 道路交通関連の社会資本整備の理念転換 (新田保次)
第3章 都市交通変革のシナリオづくり (土井健司)

第2部市民参加型交通政策の展開
第4章 道路公害訴訟に係る道路連絡会の意義と課題 (谷内久美子・藤江徹)
第5章 総合交通計画と市民参加 (谷内久美子)
第6章 バリアフリーと市民参加 (松村暢彦)
第7章 公共交通と市民参加――コミュニティバスなど (猪井博登)
第8章 市民からの提案「道路の使い方を変えたい!」 (藤江徹)
第9章 自治体公共交通政策における市民参加の日仏比較――鉄軌道の再生・導入を例に (南 聡一郎)
第10章 赤字地域鉄道を財政で支える価値とは何か
――持続可能な地域発展という観点から (南 聡一郎)
第11章 被災地における公共交通の確保 (谷内久美子)

大阪大学出版会ホームページ

midorino_kotsuseisaku_tn

勉強会:オーフス条約とPRTR 1/25

=======================================================

オーフス条約とPRTR

1月25日 (月) 午後6:00~8:00

=======================================================

 環境分野の市民参画条約であるオーフス条約の3本柱は、市民の1)情報へのアクセス権、2)意思決定に参加する権利、3)司法アクセス権(訴訟の権利)です。

PRTR(Pollutant Release and Transfer Register:環境汚染物質排出移動登録)とは、有害性のある多種多様な化学物質が、どのような発生源から、どれくらい環境中に排出されたか、あるいは廃棄物に含まれて事業所の外に運び出されたかというデータを把握し、集計し、公表する仕組みです。PRTRは、オーフス条約の柱の一つである市民の情報へのアクセス権を保障するための重要な制度であり、国連欧州経済委員会(UNECE)はオーフス条約に基づきPRTR議定書を採択しました。

OECDで化学物質政策を担当していた相澤氏を講師に迎え、国際的な文脈の中でのPRTRの位置づけ、日本のPRTRとの比較等を行い、日本におけるPRTRの活用方法についての議論を行います。

■日時: 2016年1月 25日 (月) 午後6:00~8:00

■場所:弁護士会館10階 1002号室
東京都千代田区霞が関1丁目1番3号

■講師 元OECD職員 相澤 寛史氏

講師略歴: 相澤 寛史(あいざわ ひろふみ) 
環境省総合環境政策局環境影響審査室、工学博士 2001-2003年環境省環境保健部環境安全課(PRTR制度の施行、リスクコミュニケーション、ストックホルム条約対応等)、2005年ハーバード公衆衛生大学院修士、2012-2014 OECD環境局環境安全課。

■参加費 無料/事前申込 不要

■主催 オーフス条約を日本で実現する NGO ネットワーク(オーフス・ネット)

■共催 グリーンアクセスプロジェクト
   第二東京弁護士会・環境法研究会
Tウオッチ

■お問合せ オーフス・ネット事務局 粟谷
E-mail jimukyoku[at]aarhusjapan.org →メール送付の際は、[at]を@に変えてお送り下さい
URL  http://www.aarhusjapan.org/

勉強会:地球環境基金の助成プログラム見直しとその進展状況:9/16

勉強会チラシ(オーフスネット)20150916

=======================================================

地球環境基金の助成プログラム見直しとその進展状況

9月16日 (水) 午後6:30~8:30

=======================================================

環境分野の市民参画条約であるオーフス条約の3本柱は、市民の①情報へのアクセス権、②意思決定に参加する権利、③司法アクセス権(訴訟の権利)です。

オーフス条約が進める環境分野の市民参加において、NGO/NPOはきわめて大きな役割を果たします。日本では、長年、地球環境基金がNGO/NPOの活動を支援してきましたが、基金設立20周年を機に2014年より助成プログラムが大きく見直されました。

その内容は、助成カテゴリーの多様化、プロジェクト評価の強化、人件費助成、概算払い導入など多岐にわたります。

その背景や狙い、見直し導入後の状況について話を伺い、市民参加推進のための市民セクター強化のあり方について考えます。

■日時: 9月 16日 (水) 午後6:30~8:30

■場所:地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)

(東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F)

■講師 独立行政法人環境再生保全機構

地球環境基金部 地球環境基金課長 中田 孝之氏

地球環境基金アドバイザー  滝口 直樹氏

講師略歴:

中田孝之氏  1997年公害健康被害補償予防協会(現(独)環境再生保全機構)に入社、総務部、経理部、予防事業部などを経て、2009年より地球環境基金部を担当

滝口直樹氏  1988年環境庁に入庁し、UNDP出向(JPO)、民間活動支援室、(独)環境再生保全機構石綿健康被害救済部などを経て、2011年に(同)環境活動支援工房を設立(代表社員)。また慶應義塾大学法科大学院、明星大学、麻布大学で非常勤講師として環境政策等を担当。

■参加費 無料/事前申込 不要

■主催 オーフス条約を日本で実現する NGO ネットワーク     (オーフス・ネット)

■共催 グリーンアクセスプロジェクト

第二東京弁護士会・環境法研究会

■お問合せ オーフス・ネット事務局 粟谷

(E-mail jimukyoku@aarhusjapan.org

URL  http://www.aarhusjapan.org/

グリーン連合西日本交流会のお知らせ(8/23,京都)

グリーン連合 西日本交流会
持続可能な社会をつくるために 大きくつながろう! 市民環境団体

環境問題は地球規模で深刻さを深めています。このままでは将来世代に大変な日本と世界を渡すことになりかねません。しかし、ここ数年、日本の環境政策は後 退を続けています。こんな時だからこそ環境に関わるNPO・NGO、市民団体が手をつなぎ、お互いに成長しながら、政治と社会に大きな影響力を発揮するこ とが大切です。
このような思いから昨夏から準備をはじめ、各地の団体や個人に呼びかけ、6月5日に東京で発足総会を行ないました。現在65団体が正式に参加されています が、活動はまだ始まったばかり。もっともっと多くの団体と応援する個人が参加する大きなネットワークにしていき、ほんとうに日本を変えていく力になりたい と考えています。
8月23日に西日本地区を主な対象に、発足総会で決まったグリーン連合の趣旨、活動案などの説明と今後の取り組みなどの意見交換交流会を開催することにしました。ご関心ある団体、個人の皆さん、ぜひご参加ください。

 ■プログラム
1 グリーン連合発足の経緯、趣旨、規約の簡潔な説明、6月5日の発足の報告 Q&A
2 当面の活動内容案の説明
3 ミニ講演「環境立国」への道-なぜグリーン連合が必要なのか-大久保規子さん
4 ワークショップ(意見交換) グリーン連合に期待すること 活動アイデア

 ■日時
8月23日(日)午後1時~4時

 ■場所
京エコロジーセンターの1階シアター
〒612-0031京都市伏見区深草池ノ内町13
京阪電車藤森駅徒歩6分 地下鉄・近鉄の竹田駅から徒歩13分
(京都駅からはJR)奈良線で1駅の東福寺駅で京阪に乗り換えて藤森へ、または地下鉄ないし近鉄で竹田駅に)
http://www.miyako-eco.jp/about/access.html

 ■お問い合わせ 
 グリーン連合 共同代表幹事
杦本育生(NPO法人環境市民代表理事)
電話075-211-3521 FAX075-211-3531
公式ブログの記事

 本件に関するお問い合わせは、主催団体のグリーン連合へお願いします。

勉強会:NGOの政策決定への参加 – 開発関連NGOの事例から学ぶ -8/19

NGOの政策決定への参加 – 開発関連NGOの事例から学ぶ –
8月 19日 (水) 午後6:30~8:30

 環境分野の市民参画条約であるオーフス条約の3本柱は、市民の(1)情報へのアクセス権、(2)意思決定に参加する権利、(3)司法アクセス権(訴訟の権利)です。
今回は、途上国の貧困問題や開発問題に取り組むNGOとネットワークを形成し、外務省等の関連機関への政策提言等を実践している稲場氏から、効果的な意思決定への参加の事例についてお伺いします。
 開発問題と環境問題には重なり合う部分が多く、開発分野での市民参加のあり方から、環境分野の市民参加を考えます。

■日時: 8月 19日 (水) 午後6:30~8:30

■場所:会場:弁護士会館10階 1005号室
(東京都千代田区霞が関1丁目1番3号)

■講師 特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 稲場雅紀氏

講師略歴: 稲場雅紀(いなば・まさき) 
1969年生まれ。90年より横浜・寿町の日雇労働組合の医療班で日雇労働者の保健や福祉の問題に取り組む。94年より「動くゲイとレズビアンの会」アドボカシー・ディレクターとしてレズビアン・ゲイの人権問題や国内外のエイズ問題などに取り組む。
 2002年より「アフリカ日本協議会」の国際保健部門ディレクターとして、エイズ問題や国際保健政策に関わる調査や政策提言に従事。
2008年のG8洞爺湖サミットでは日本の市民社会の立場から政策提言。
2009年以降、世界の貧困をなくすためのNGOネットワーク「動く→動かす」(GCAPJapan)の事務局長。

■参加費 無料/事前申込 不要

■主催 オーフス条約を日本で実現する NGO ネットワーク
(オーフス・ネット)

■共催 グリーンアクセスプロジェクト
    第二東京弁護士会・環境法研究会

■お問合せ オーフス・ネット事務局 粟谷
URL  http://www.aarhusjapan.org/

勉強会:環境民主主義指標(EDI)から見える市民参加の国際的動向:7/14

「環境民主主義指標(EDI)から見える市民参加の国際的動向」
7月14日 (火) 午後 6:30~8:30

環境分野の市民参画条約であるオーフス条約の3本柱は、

市民の
(1)情報へのアクセス権、
(2)意思決定に参加する権利、
(3)司法アクセス権(訴訟の権利)です。

今年5月20日、市民参加におけるグローバルなネットワーク
であるアクセス・イニシアチブが世界で初めて70か国の
環境民主主義指標(EDI)の評価結果を公表しました。

今回は、マレーシアから、インターネットを通じて、
ジェフリー・パング先生にEDIとは何か、
そしてマレーシアのEDIの結果も含めてご報告いただきます。

ふるってご参加ください。

■日時:7月14日 (火) 午後 6:30~8:30

■場所:会場:弁護士会館10階 1002号室
(東京都千代田区霞が関1丁目1番3号)

■講師 トゥンク・アブドゥル・ラーマン大学      
          ジェフリー・パング助教授

マレーシア在住。大学で会計学を教える傍ら、森林を破壊する
開発計画に反対するNGO、Friends of Kota Damansaraを創立し、
現在は会長を務めている。Coliation of Good Governanceの
共同理事なども務め、The StarやRakyat Timesという新聞に
コラムを連載している。EDIを開発したアクセス・イニシアチブ
のパートナーの一人。

■参加費 無料/事前申込 不要

■主催 オーフス条約を日本で実現する NGO ネットワーク
(オーフス・ネット)

■共催 グリーンアクセスプロジェクト
    第二東京弁護士会・環境法研究会

■お問合せ オーフス・ネット事務局 粟谷
URL  http://www.aarhusjapan.org/

7/8東京:環境女子会☆勉強会「環境基本法とオーフス条約」

 来る7月8日にオーフス条約に関する下記のイベントが開催されますので、ご案内いたします。

======

環境女子会☆勉強会「環境基本法とオーフス条約」
http://kankyojoshi.jimdo.com/

基本の「き」を考えよう
環境基本法と環境民主主義 私たちの声を無視していいの?

2015年7月8日(水) 17:00~18:45(予定)
参議院議員会館B103会議室

コーティネート 山本太郎さん (参議院議員)

解説 大久保規子さん(大阪大学大学院教授、オーフス・ネット顧問)

討論(お茶会風に)

 プログラムはこちらをご覧ください(プログラム順番の変更可能性あります。)。

*なお、本イベントは大阪大学グリーンアクセスプロジェクトの主催行事ではございませんので、本イベントに関するお問い合わせは主催団体の方へお願いします。

【勉強会】風力発電と野鳥に関する問題とその解決に向けて:6/9開催

「風力発電と野鳥に関する問題とその解決に向けて」
オーフスネット勉強会
6月9日 (火) 午後 6:30~8:30

 環境分野の市民参画条約であるオーフス条約の3本柱は、市民の①情報へのアクセス権、②意思決定に参加する権利、③司法アクセス権(訴訟の権利)です。今回は、環境に関する意思決定に参加する権利の事例として、風力発電を取り上げます。風力発電が鳥類に与える影響について、どうような仕組みで影響がでるのかということを踏まえつつ、実際に行われている影響評価の現状、また影響評価にかかわる諸問題を解説いただき、そういった問題をどのように解決していけるかということを議論する予定です。

■日時:6月9日 (火) 午後 6:30~8:30

■場所:地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
(東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F) 

■講師 日本野鳥の会 自然保護室 主任研究員 
浦 達也氏

 2005年、北海道大学大学院を出た後、日本野鳥の会入局。
入局後、野外鳥類学雑誌Strixの編集と絶滅 危惧種の保護対策を担当。2010年から自然エネルギーと野鳥に関する業務を担当し、行政機関や事業者への要望書・意見書の提出、環境省による風力発電に係る委員会への参加による政策提言の他、国内外の既存情報および現地視察による現場情報の収集とその普及、野鳥の会独自の調査の実施など、様々な活動に携わっている。

■参加費 無料/事前申込 不要

■主催 オーフス条約を日本で実現する NGO ネットワーク(オーフス・ネット)

■共催 グリーンアクセスプロジェクト
    第二東京弁護士会・環境法研究会

■お問合せ オーフス・ネット事務局 粟谷
URL  http://www.aarhusjapan.org/

« Newer PostsOlder Posts »