Home » 更新情報/お知らせ » Blog article: 公開勉強会「温暖化訴訟の国際潮流-ウィーン空港訴訟に焦点を当てて」(2017.12.13)

公開勉強会「温暖化訴訟の国際潮流-ウィーン空港訴訟に焦点を当てて」(2017.12.13)

公開勉強会「温暖化訴訟の国際潮流-ウィーン空港訴訟に焦点を当てて」(2017.12.13)

オーストリアでは,今年初めに行政裁判所において,気候変動対策の観点からウィーン空港の拡張を違法とする判決が出されました。この判決は,その後,憲法裁判所により取り消されましたが,経済界等からの反発は強く,マスコミが担当裁判官たちの個人攻撃を始めるなど,司法の独立性の観点からも,欧州において社会的議論を巻き起こしました。

今回のセミナーでは,国連大学サステイナビリティ高等研究所上級研究員等,国際経験が豊富なマウアーホーファー先生に,この事件を含め,最近のオーストリアの環境行政訴訟についてご報告いただき議論します。どうぞふるってご参加下さい。

◆日 時:12月13日 (水) 午後6:30~8:00

◆会 場:弁護士会館10階1006A/B室(東京都千代田区霞が関1−1−3)

地図はこちら  http://niben.jp/access/

◆講 師:フォルカー・マウアーホーファー(Volker Mauerhofer)氏 大阪大学法学研究科特任研究員/ウィーン大学生命科学部
講師略歴:法学博士(グラーツ大学),環境経済学修士(リード大学),弁護士。環境NGOの職員や国連大学サステイナビリティ高等研究所上級研究員など,多彩な経験を有し,国際的な環境コンサルタントとしても活躍中。

報告資料のダウンロード

◆参加費:無料     ◆事前申込:不要

◆主催:グリーンアクセスプロジェクト、第二東京弁護士会環境法研究会、オーフス条約を日本で実現するNGOネットワーク(オーフス・ネット)

◆お問合せ:オーフス・ネット事務局 粟谷(E-mail jimukyoku*aarhusjapan.org

メールアドレスの*を@に変換の上,送信ください。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.