Home » 研究会・シンポジウム » 2018/09国際シンポジウム「アジアの環境アセスメント訴訟の理論と実務」

2018/09国際シンポジウム「アジアの環境アセスメント訴訟の理論と実務」

国際シンポジウム「アジアの環境アセスメント訴訟の理論と実務—司法アクセスの指標の作成に向けて—」
International Symposium on Theory and Practice on EIA Litigation in Asia: Towards Establishing Indicators on Access to Justice

開催趣旨

来る9月23日に、環境分野の参加原則に関する第4回国際会議を開催致します。今回は、日本およびアジア6カ国(インド、インドネシア、タイ、台湾、中国、フィリピン)における環境アセスメント訴訟に関する動向について、各国の報告と総合討論を予定しております。最新の国際動向について、第一線の実務家・研究者を迎えて議論いたしますので、ぜひ奮ってご参加ください。

開催日時・会場

会        期:2018年9月23日(日)9:30開場  10:00〜18:20
会        場:大阪大学会館アセンブリーホール(豊中キャンパス)
使用言語:英語・日本語(同時通訳付)
主        催:大阪大学グリーンアクセスプロジェクトⅡ「環境法の参加原則に係る評価指標の検討—環境民主主義の確立に向けた国際連携構築」(科研費),大阪大学社会ソリューションイニシアティブ「SDGs指標の改善を通じた環境サステナビリティの促進」

国際シンポジウムプログラム

会議プログラム(日本語)   会議プログラム(英語)

キャンパスマップ(豊中キャンパス)

*会場はキャンパスマップ中の31番の建物になります。

参加登録フォーム

事前参加登録オンラインフォーム

研究報告資料(シンポジウム ダウンロード資料)

◆オープニングセレモニー 開会挨拶 堂目卓生(大阪大学社会ソリューションイニシアティブ長)

午前の部(アジアの環境アセスメント訴訟の理論と実務)

【報告1】

 環境分野の司法アクセスとアセス訴訟の国際動向

大久保 規子(大阪大学大学院法学研究科 教授) |要旨 |発表スライド

【報告2】

環境影響評価と環境訴訟

柳 憲一郎(明治大学法学部 教授) |要旨 |発表スライド

【報告3】

中国における環境アセス訴訟の新たな展開

鄧 海峰( 中国 清華大学法学院 副院長・副教授) |要旨 |発表スライド

【報告4】

台湾における環境訴訟の動向と展開

詹 順貴(台湾 行政院環境保護署 副署長) |要旨 |発表スライド(英語)    | 発表スライド(中国語)

午後の部(アジアの環境アセスメント訴訟の理論と実務)

【報告5】

タイの環境アセス訴訟における経験と課題

チャクリット・シッティウェイ(タイ タマサート大学法学部 講師) |要旨 |発表スライド

【報告6】

環境許可をめぐる訴訟–インドネシアにおける行政訴訟の課題–

リカ・ファジュリニ(インドネシア環境法センター 土地・森林部門長)|要旨 |発表スライド

【報告7】

環境アセスメントの問題における司法アクセス–フィリピンにおける最近の動向

ローズ=リサ・エイスマ=オソリロ(フィリピン セブ大学法学部 教授) |要旨 |発表スライド

【報告8】

環境民主主義と司法の役割

リトウィック・ドゥッタ(インド 森林環境リーガルイニシアティブ 環境弁護士)  |要旨 |発表スライド

English(英語ウェブサイト)

 

参考資料

オーフス条約(日本語)(英語)*UNECEウェブサイトからのリンク

バリガイドライン(日本語)(英語

ラテンアメリカ版オーフス条約(英語

お問合せ

大阪大学大学院法学研究科
グリーンアクセスプロジェクト事務局(担当:山田・渡辺)
e-mail greenaccess+law.osaka-u.ac.jp
(メール送信の際に,+を@に変換の上,ご送信ください。)